物流倉庫での薬剤師求人の特徴

物流会社の倉庫では取り扱っている商品によっては管理薬剤師を置くことが義務付けられているため、薬剤師の採用が行われています。物流倉庫での求人にはどのような特徴があるのでしょうか。倉庫で働くのに興味がある人にとって役に立つような求人に応募するときのポイントや有利になるためのコツも紹介するので参考にして下さい。

薬剤師が知っておきたい埼玉県での物流会社の求人状況

物流倉庫での業務とは

薬剤師は物流倉庫ではどのような仕事をするのでしょうか。倉庫での薬剤師の業務は現場によって違いがあり、物流会社の倉庫は最も仕事の内容が単純で明確だと言われています。基本的には物流倉庫では医薬品や医薬部外品などをメーカーや卸業者などから依頼を受けて適正な方法で保管し、必要なときに出荷できるようにするのが仕事です。

適正な方法で保管というのが重要な点で、医薬品によって保管温度などの条件が異なっています。鍵をかけて保管しなければならないなどのルールに合わせて適切な保管が行われていることについて責任を持ち、確認作業を実施または指示するのが倉庫における管理薬剤師の主要業務です。

また、在庫管理をして盗難や紛失などが起こっていないかを逐次確認します。ただ、このような管理業務だけではフルタイムで働く必要があるほどの業務量がない場合がほとんどです。そのため、他の業務も兼任していることが多くなっています。

例えば、通販事業を行っている会社の倉庫の場合には、通販サイトの管理や発注依頼があったときの医薬品情報提供などを行うケースがあります。もともと医薬品の在庫管理を担当しているので業務として一元化することができる点で、通販による医薬品販売が活発になってからはよく行われている兼任のパターンです。

また、電話対応を担当することもよくあります。物流倉庫では仕入れ元と出荷先のどちらからも問い合わせがくることがあり、在庫状況や保管状態などの質問に回答するのが典型的な仕事です。一方、現場によっては営業などの都合で医薬品に関する情報が求められる場合があります。

その際の情報収集と整理、資料の提供などを任されることもあります。このように薬剤師として医薬品に詳しく、かつ倉庫でその在庫管理をしているという観点で多岐にわたる付帯業務があるのが倉庫業務の特徴です。

物流倉庫の求人は希少価値が高い

物流倉庫での仕事に興味を持った人が求人を探してみると意外に見つからなくて困る場合がほとんどです。医薬品を取り扱う物流倉庫には薬剤師が必要なのは確かですが、調剤薬局のように一つの施設に何人もの薬剤師が必要だというわけではありません。

倉庫も大きな規模のものを一つの区域にいくつも用意してまとめて管理するのが一般的なので、一つの企業が同じ地域の別の場所に持っている倉庫の数は多くないのが普通です。そのため、必然的に求人は希少価値が高くなってしまい、なかなか見つけられないものになっています。

物流倉庫で働きたいなら医薬品の倉庫が多い地域で求人を探すのが重要になります。都会よりは地方の方が土地も広くて地価も安いので倉庫が多くなっています。メーカーの倉庫なら医薬品工場の近くにあるのが普通ですが、物流会社の場合には交通の要所に倉庫を置いているのが一般的です。

地域によって傾向は違いますが、海沿いの方に倉庫を設けている傾向があるので求人を探すときには念頭に置いておきましょう。

年収は低めでもワークライフバランスは整う

物流倉庫の求人の特徴として共通しているのが働きやすさが優先されていて年収は低めになっていることです。

物流倉庫では水準としては年収が300万円~600万円くらいで、物流会社の場合には300万~500万円、メーカーなら450万円~600万円というのが相場です。参考元→アポプラスステーション|薬局転職

しかし、前述のように必須の業務はそれほど多くはないので残業があまりないのが魅力でしょう。一般企業での仕事なので土日も休めることが多く、物流会社で稀に出勤を命じられる程度です。ワークライフバランスを整えやすいのでプライベートの時間を充実させたい薬剤師に向いています。

アルバイトやパートの求人も目立つ

物流倉庫の正社員の求人を探していても見つからないときにはアルバイトやパートの求人も探してみましょう。企業によって運営の仕方には違いがあり、管理薬剤師はパートとアルバイトで基本的にはまかなっているケースもよくあります。

週2日や週3日といった形で働くのは難しい場合が多いですが、週5日で3時間ずつというように平日に毎日働けるようであれば採用してもらえるでしょう。これは管理薬剤師としての業務はそれほど時間がかからず、業務もルーチン的な内容なのでパートやアルバイトで十分だからです。

薬剤師の給料は高めなので人件費の削減という観点から物流会社ではよく行っている方法です。

管理薬剤師経験があると有利

希少価値が高い求人となると物流倉庫ではどんな点を強みにして内定を勝ち取れるのかが気になる人も多いでしょう。求人を参照してみると未経験でも可と記載されていることが多いですが、実際には経験がある人の方が良いのは明らかです。

管理業務のノウハウを持っている人に働いてもらえれば即戦力になり、経験を生かして現場の改善を図ってくれるとも期待できます。そのため、管理薬剤師の経験が少しでもあると有利です。倉庫業務でなくとも管理薬剤師だった時期があるならはっきりとアピールするようにしましょう。

即入社できると有利

物流倉庫の求人で有利になるには即入社できるのが実はかなり重要になります。物流倉庫では必要最低限の薬剤師で良いと考えているのが普通で、退職する人が出てきたために募集するというケースが一般的です。数週間後には薬剤師がいなくなるという危機的な状況で募集が始まることも多いため、書類選考や面接もスムーズに進み、明日にも入社できるという人の方が優遇される傾向があります。

一ヶ月後や二ヶ月後まで待って欲しいと言うと断られてしまうこともあるので物流倉庫の求人事情として覚えておきましょう。

物流倉庫で働きたいときには必死に探そう

物流倉庫では適正な環境で医薬品を管理するのが薬剤師の仕事です。給料はやや低めではあるものの、ワークライフバランスを整えやすい魅力がある職場として知られています。物流倉庫で働きたいと思ったら、求人の希少価値が高いことを考慮して必死に探し、見つけたらすぐに応募しましょう。

すぐに入社できると有利なのも忘れず、準備を整えておくのが大切です。